top of page
検索
  • rkensou

軽天工事のメリットとは??

燃えにくく耐火性、遮音性に優れている


軽天は鉄でできているため、燃えにくいという特徴を持っています。防火、防災、遮音といった観点からオフィスや商業施設などには適した素材です。


最近では一般住宅でも軽天が使われるようになっています。燃えにくいという特性を活かし天井や壁の間仕切りにも使われています。


軽天に石膏ボードを貼るボード工事を行いますが、この石膏ボードも難燃性のため、火災が起きたときに延焼を防止する役目をします。


吊り元がないか、吊り元数が少ない工法のため振動を伝えにくく遮音性の向上につながります。軽量、重量衝撃音ともに効果があります。


長期に渡る形状安定性に優れた鋼製下地材を使用 する為、木製野縁の乾燥、変型による天井クロスの ちりぎれ、ねじれ等のトラブルを回避します。


工事コストを抑えられ、環境にも優しい


軽天で使われる鋼材は大量生産されています。そのため、品質を一定に保ったまま比較的安価な状態で供給することが可能です。

安定な供給がコストを下げ、工期の短縮がさらに人件費を抑えることにつながり結果としてトータル的なコストを抑制します。


木造戸建住宅(30坪程度) 天井の施工時間比較例]

実際に鋼製下地材を採用した現場では、従来の木軸工法に比べて約40~50%の施工時間削減を達成しています。





開口補強

吊元


照明



閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page